Page: 1/74   >>
2017年09月29日のつぶやき
07:26
冬のプーリアを楽しむ・クリスマス 〜 カポダンノ(お正月) https://t.co/EADy7zCjSd #jugem_blog
| maki tanaka | 02:31 | - | - |
冬のプーリアを楽しむ・クリスマス 〜 カポダンノ(お正月)

冬のプーリアは雪が降る町は少なく、比較的温暖です。

小さな可愛い町々を散策後はファームハウスでしっとり・のんびり〜

団炉で炭火焼などグルメ三昧、美味しいワインを楽しみませんか〜?

 

クリスマスシーズン〜新年は町ごとプレセピオが絶対に見逃せません!!

お気に入りはPEZZE DI GRECOという町で催されるもの! 

本当に感動しますよ。 宇多田ヒカルのご主人はこの町ご出身です。

 

町ごとプレセピオ:生パスタを作るおばあちゃんと女の子達

町ごとプレセピオ:ドライトマトの準備をする女性達

町ごとプレセピオ:余暇には編み物や刺繍・縫物 

ファームハウスの暖炉で栗の炭火焼

ウナギの炭火焼・塩とレモンでシンプルに!

クリスマスといえばイタリア全土では:レンズ豆とザンポーネ

冬の幸せ!黄色いキノコ(激旨)

イノシシの骨付き肩ロースの炭火焼(撃沈!!)

冬の憂いある佇まいのMATERA

クリスマスシーズンのアルベロベッロ

可愛い&ロマンティック 色々なイヴェントがございます。

他のプーリアの町々もクリスマスの飾りつけやイルミネーション、

色々なイヴェントが楽しみです。

焼きたてホームメイドのパネットーネ

(イタリアのクリスマスの定番ケーキ)

甘いもの苦手な私もこれには目がない!

 

イタリアのクリスマス・ケーキ:パネットーネ

クリスマスといえばペットレ!!

義母の超お得意の逸品。

揚げたて:カリッ中ふわモチッ!

時間が経っても柔らかくて美味しい〜

 

南イタリアのクリスマスに欠かせない”ペットレ”

冬のお家ご飯は暖炉での炭火焼〜💗

サルシッチャ、魚介類、野菜も最高!

私が一番好きなのは〜 タコのピニャー

タ。時間をかけて柔らかーく煮たタコ!

タコの旨味がしみ込んだジャガイモがま

た美味し!!

秋冬の楽しみはキノコ!!

炭火焼よし、リゾット、パスタによし!

カルドンチェッリ・ポルチーニ・食べましょう!

 

旬のキノコをどう食べるか大問題であります

 

JUGEMテーマ:イタリア旅行

| maki tanaka | 07:26 | comments(0) | - |
2017年09月24日のつぶやき
00:14
すっかり秋!今日のご飯(ベジーに愚痴) https://t.co/4LIg5oBiNa #jugem_blog
00:02
すっかり秋!今日のご飯(ベジーに愚痴) https://t.co/rBZsx48f4o #jugem_blog
| maki tanaka | 02:31 | - | - |
すっかり秋!今日のご飯(ベジーに愚痴)

お久しぶりです〜 すっかり秋っぽく肌寒い日々となりました。

お布団、暖炉で燃やす薪集め、オリーブ収獲の準備〜 

火を使ってお料理するのが温かくて嬉しいなー。

 

今日のお昼ご飯はレンズ豆のズッパと茄子のポルペッティ〜。

 

うちのベジーのひとり”アシア”は今、イギリス・ケンブリッジ

に1か月留学中、どんなもん食べてるのかな~???

 

ガリッと香ばしく中は旨味がジュワー〜〜 肉入りみたいな

コクのあるポルペッティです。

手間暇かけたオカンの手作りのポルペッティです。

ズッパは野菜がたっぷり!

野菜室もスカッと空室になるしーほほほ

主役のレンズマメ。 出汁に固くなったパルミジャーノ・

チーズの端っこを加えて煮込みます。

熱々にペコリーノちょこっとかけて、ふーふー

余談ですが:ベジタリアンって野菜嫌いな人も多いんですってね!?

何食べるのかー? 肉の入ってないツクネのようなハンバーグ。

ベジ・ヴィーガン食品コーナーに色々並んでました。

何か添加物も色々入ってそうな加工食品、美味しくなさそう。

高いし何だか嫌だなあ〜。

 

JUGEMテーマ:イタリア

| maki tanaka | 00:02 | comments(0) | - |
2017年05月31日のつぶやき
21:36
7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案 https://t.co/uAOLqslu2l #jugem_blog
| maki tanaka | 02:31 | - | - |
7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案

ゆる〜〜〜い感じでイタリア人のヴァカンツァ・エスターテ

(夏のヴァカンス〜)を私達と楽しみましょう!!

 

近所のプーリアの主要なワイナリーが日替わりで試飲会を

開催するエノテカに通えるというワイン好きには堪らない

スペシャルもございます。

お気軽にお問い合わせくださいね!!

 

 

JUGEMテーマ:イタリア旅行

| maki tanaka | 21:36 | comments(2) | - |
2017年05月25日のつぶやき
09:52
かささぎ : PICA(Gazza)養育中 https://t.co/YVMMXfA0jv #jugem_blog
09:47
かささぎ : PICA(Gazza)養育中 https://t.co/aFnSO7Ph8m #jugem_blog
| maki tanaka | 02:31 | - | - |
かささぎ : PICA(Gazza)養育中

5月はじめファームでジュセと2人で草刈り中、うちの犬

(アーロン)に追いかけられてバタバタ逃げていくピーカ

(カササギ)を保護しました。まだ飛べず、松の木の巣から

落ちてしまったようで、お母さんらしきピーカがそばの

木の上でしきりに泣き叫んでました。

全く人を恐れず餌をねだる大きなヒナは夫ジュセのハートを

射止め、私は糞の掃除や餌の用意全般を担当です。 

飛べるようになったら農園に放します。

 

エンリカ撮影のカワイイ1枚。

カワイイ〜 めろめろです。

ジュセの頭にてピーカ爪マッサージ中 癒されます。

最初は白身肉系ばかりでしたが、フルーツやシリアルデビュー

なんでも食べます。

ファームハウスの大きなバスルーム(家族用)で放し飼い

ですが、最近ピーカの両親が近くまでやって来て何やら

話し合ってる様子。 そろそろお別れかな〜( ;∀;)

| maki tanaka | 09:52 | comments(0) | - |
2017年04月04日のつぶやき
05:27
私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!! https://t.co/hmeIa9Rz5l #jugem_blog
| maki tanaka | 02:31 | - | - |
私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!

ツアーで周る町々をマーキングするために南イタリアの地図を

探していたときに古〜〜い地図を見つけ、よーく見ると

プーリアが上下2つに分かれていて、CAROVIGNOがある場所は

なんとカラブリアとなっている!! 

紀元7年〜476年はこんな感じだったんだー面白い!! 

アッピア街道がひと際目立ちます。 

今現在の地図と見比べてみると今もそのままの名前の町が

いくつもあって大変興味深いです。

 

大きく詳しく見たい方はこちら

 

わが町CAROVIGNOはCITTA・ANTICAって言われてるけれど

ここに載ってないっ!! 載ってる町は2000年級の歴史が

あるということですか。 すごっ!

 

 

この頃ここには食いしん坊なメッサピ人だけが住んでいたのでしょうか。

 

JUGEMテーマ:イタリア

| maki tanaka | 05:27 | comments(4) | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Copyright

当ブログ内の写真,文章の無断転載  作品の複製はできません

Search

Entry

Comment

  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    MAKI (06/13)
  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    Kumi (06/01)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    hero (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    risa歯 (04/04)
  • 春のオリーブ農園
    Kumi (02/26)
  • 春のオリーブ農園
    MAKI (02/25)
  • 春のオリーブ農園
    kumi (02/24)
  • 『絶望の美女食』春の一皿チコリエと空豆の茹でたのん
    MAKI (02/21)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode