Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
パンの町はチーズも特上。
JUGEMテーマ:グルメ

ゲストさん達とイタリアで一番美味しいパンの町と云われているALTAMURAに
行きましたよ。 ここでの目的はもちろん5世紀前から続く石窯のパン屋さん
”SANTA・CHIARA”(サンタ・キアラ)を訪れるため。
今回はおまけに車を駐車した位置がよかったようでS.CHIARAに向かう
途中で美味しそうなチーズ屋さんを見つけ、全員いろいろ買っちゃいましたよー。

↓これはALTAMURA旧市街のMAP、左上にある黄色いポイントがチーズ屋さん。
右下方にある小さなオレンジ色のポイントがかの石窯パン屋、S.CHIARA。

見つけたチーズ屋さんは”DICECCA”100年の伝統を誇るお店です。
私が買った品々:(香りが強烈なので瓶入り)羊乳リコッタ・フォルテ、
熟成モノの辛味の出たペコリーノ、切り目を見ただけで買わずに居られなかった
カッチョカヴァッロ、山羊乳のみでできたそりゃ旨かろうカッチョリコッタ、
それぞれ非常に美味しくてあっと言う間に消えてなくなりました。

フレッシュトマトのソースにあえたスパゲッティにカッチョリコッタたっぷり!
臭みではない深みのあるミルクの甘味をたたえたカッチョリコッタは
これらのラインナップに特に口の肥えた娘達にとっても特上だったようです。

山羊乳リコッタフォルテはトマトソースににも合うし、パンに塗ったり
コクをだすための隠し味に少量使うのが上級テク!

ALTAMURAのパーネD.O.P.のS.CHIARAのオーナー、VITO氏とジュセ。
どっちが若いとか痩せているとか傍が聞くに堪えない話題で盛り上がっていました。
いつもVITO氏には自家製のむっちゃ旨い濃い赤ワインをご馳走になるんですが、

今回は白!!! 見てくださいー。
この白は美味しかったですよ〜 もちろん、フォカッチャも美味しくいただきました。
ALTAMURAを訪れる時はランチタイム直前に到着してS.CHIARAの焼きたての
フォカッチャを食べるべし! 
 
| maki tanaka | 10:46 | comments(6) | - |
GIOIA DEL COLLE(ジョイアデルコッレ)のモッツァレッラ屋さん
マテーラに行く時必ず通るジョイアデルコッレ、酪農の街です。
プーリア人に「どこの町のモッツァレッラが一番美味しいの〜?」と
訊ねると”GIOIA DEL COLLE”、もしくは隣町”NOCI”という返事が返ってきます。
健やかな大地のなだらかな草原の草を食べてお散歩もしたい放題の牛さん達の
お乳は最上級の美味しさ。 そりゃ美味しいチーズが出来るわ〜♪
イタリアは財政が大変な国ですが畜産酪農業が腐るほど貧しくない、素敵!
いつも気になっていたこの看板のお店に入ってみました。

大皿のこの白いものはリコッタ、、、ならぬフォルマッジョ・フレスコ
生チーズです。 私はどうやって食べるのかまだ馴染みがなくて分からない
代物です。 リコッタより弾力とモッチリ感あり。

スカモルツァのスモーク、このまま食べても美味しい〜 パンチェッタやベーコン
でグルリと巻いてフライパンで焼くと最高です。

うすーーいモッツァレッラの皮に色んな野菜やプロシュット、マヨネーズ味でツナ等
巻いたご馳走。。。お、太巻きのサラダ巻きに似てますね!

プーリア名物BURRATAですね。お店の方がすくい上げた所を撮りたかったんですが
失敗。これも野菜サラダと食べると合うんです。 モッツァレッラは野菜と相性が
いいんですね。

これはスカモルツァの動物園。豚ちゃんが一般的なんですが、ここは色んな動物
大集合。 食べるとき可哀想になって辛かった思い出があります。

ほーーら、袋が可愛くて胸がきゅーーんとなりますね(私だけ?)
工場もゴミ焼却所もない健やかな大地、ストレスのない幸せな牛さん達。
モッツァレッラの名産地情報でした。
JUGEMテーマ:旅行


| maki tanaka | 00:00 | comments(3) | - |
生リコッタ・チーズの一番美味しい食べ方! 
ラヴィオリなどのパスタの詰め物にしたり、お菓子に
使ったり色んな美味しい食べ方のある”生リコッタ”
でも生リコッタ本来の美味しさを最大限に感じるのは
製造途中の熱々水分タップリな状態で食べること。
ここ、はふはふ言いながら足をジタバタさせて「おいしーーい!」
と叫ぶ場所,
いつもお世話になっているCASEIFICIO ALBERTIです。

この熱々をスプーンですくってホロホロ食べちゃう。
水分が落ちて冷えて固まったらご存知普通の生リコッタに。

これはプーリア名物BURRATA(ブッラータ)を作っている若大将。
見事な手捌きであっという間にモッツァレッラの皮に
”ストラッチャテッラの生クリーム和え”を包み込んで
閉じていきます。肉まん作っているみたい!

手の動きが早すぎてこんな風にしか撮れません。

この日に買った生リコッタを使ったトルタ、クロスタータを
焼きました。アルベロベッロのAZIENDA AGRICOLA ABBRACCIAVENTO VITA MARIAの手作りチェリーのマルメラータと合わせました。
焼く前の写真です。

焼き上がりを切った断面、美味しそうでしょう?
美味しい生リコッタのトルタ、でも熱々ジューシーな時に
食べるのには敵いません。
| maki tanaka | 17:42 | comments(5) | trackbacks(0) |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Copyright

当ブログ内の写真,文章の無断転載  作品の複製はできません

Search

Entry

Comment

  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    MAKI (06/13)
  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    Kumi (06/01)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    hero (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    risa歯 (04/04)
  • 春のオリーブ農園
    Kumi (02/26)
  • 春のオリーブ農園
    MAKI (02/25)
  • 春のオリーブ農園
    kumi (02/24)
  • 『絶望の美女食』春の一皿チコリエと空豆の茹でたのん
    MAKI (02/21)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode