スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
プーリア(LECCE)のコーヒー会社”Quarta”のはスゴイ!
JUGEMテーマ:イタリア

大豆を買いにいかなきゃ〜と思ってる間に節分も過ぎてしまった我が家です。
福は内〜したかったなあ〜 巻寿司作って丸かぶり、、、日本の風習は
懐かしいです。

さて、昨年長女エンリカが学校から見学に行ったのが、LECCEにある
CAFE・QUARTAの工場。 たいそう面白かったようですよ〜 お土産も
たんまり貰って来てビックリでした!! このカフェの粉250g入りの
特製缶1個とコーヒー豆の麻袋、これを行った生徒達全員がもらったの?
太っ腹〜!! 

このカフェ缶、最高にいいんです。
蓋の部分に細工がしてあって....
カフェティエラの粉を入れるカップに直接、逆さに置いて、白いハンドルを
クルリと1回転させると...

ほ〜ら、カフェの粉をこんな風にバッチリ適量を最適な形でセットできます。
無茶苦茶簡単です!! 実は私はこのカフェの粉を盛る作業が苦手でした。
詰め過ぎて失敗したり、粉を撒き散らしてしまったり。
もう手放せません〜 この容器をずーーっと使い続けます!!
中の粉は詰め替え出来るのでは時々KINBO、LAVAZZAと浮気します。
QUARTA・CAFEさん、ごめんなさいー。

250g入りのこのQUARTA・Cafe特製缶、こうやって使っているともう
スプーンで盛り上げたり出来なくなってしまいました。
そして色んな会社のカフェの粉を試してみてやっぱりQUARTA・カフェ以上に
美味しい粉はないという結論に達しました。
私が好きなのはミドルクラスの赤い袋の味が好きですー♪
| maki tanaka | 20:05 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:05 | - | - |
Comment
MAKIさん、ご無沙汰しています。
その道具、魅力的ですね。
私は、毎朝一人でエスプレッソを1杯飲むのが
至福の時なのですが、
粉を盛るのが苦手なのです。
撒き散らかしたり、毎回濃さが違ったり・・・。
日本にもあるといいのに。
ところで、私が今飲んでいるのは、LAVAZZAです。
そしてカフェティエラは、初めてのプーリア旅行で、MAKIさんに一緒に行っていただいた道具屋さんで買ったものです。今でもお気に入りなんです。
確か、7〜8年前のはずです・・・。
Posted by: kumi |at: 2011/02/14 11:24 PM
kumiさ〜ん
おひさしぶりです!!
日本にはないでしょうねえ〜 でも一応ネット検索してみてください。
7〜8年使い込んだカフェティエラ、手放せませんねー。 新しいカフェティエラでは美味しく立てられないですから。大切に可愛がって使ってあげてください。 
初めてのプーリアというと大晦日のアグリを楽しまれたのでした? 懐かしい!
Posted by: MAKI |at: 2011/02/16 10:38 PM








Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Copyright

当ブログ内の写真,文章の無断転載  作品の複製はできません

Search

Entry

Comment

  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    MAKI (06/13)
  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    Kumi (06/01)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    hero (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    risa歯 (04/04)
  • 春のオリーブ農園
    Kumi (02/26)
  • 春のオリーブ農園
    MAKI (02/25)
  • 春のオリーブ農園
    kumi (02/24)
  • 『絶望の美女食』春の一皿チコリエと空豆の茹でたのん
    MAKI (02/21)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode