スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
イタリア プーリア州の学校給食
JUGEMテーマ:食育&スローライフを楽しもう
町の家の大掃除でくたくた、ちょっと呆けていたら ええ!? 10月!?
私の9月は一瞬に駆け抜けて行きました。。。
さて10月になっちゃいましたが、ちょいと調べ事をしていたら、”イタリア 
プーリア州の学校給食”という動画をYouTubeで発見、イギリスの若きシェフ
ジェイミー・オリバー氏の食育がテーマの番組のようで、あらためて
プーリアの食に対するこだわりを見ることができ、とても新鮮に感動しました。

内容は食育をテーマにイギリスのシェフが南イタリア・プーリアの学校給食を
見にやってくる。豊かではない小さな町の公立学校の学校給食が素晴らしく
美味しく温かい家庭の食事を作っている。有機栽培の野菜、小麦粉を
使い、揚げ物は一切出さない。。。。
 YouTubeで見てみてください。

15年近くこのプーリアで暮らす私にはこのVIDEOの内容は当然なこと
なのですが、日本や他の国々の人から見れば演出オーバーに見えるかも
しれません。
ジェイミーが持参したイギリスの給食をゴミ箱に捨てる場面もモッタイナイ
と思うかもしれません。 でもこれがプーリアの、最高品質のオリーブオイル
を普通に使う人々の当たり前のことなのです。

お顔もとってもチャーミングなシェフ・ジェイミー

VIDEOの中ではナゼ揚げ物を出さないか、なぜ加工品がいけないか、
給食調理人のおばさまのコメントなしでしたが、酸化した油、添加物などを
体内に取り込まない。 それが理由です。
私も15年前は????でした。 残して冷蔵庫に密かに入れて置いた
子牛肉のカツレツを目の前で義姉にゴミ箱に捨てられて半泣き(笑)で
文句を言ったら「ダメダメ、体が老化するわよ〜」 そう言われてもピンと
来なかったな〜。

娘達と一緒にこのYouTubeの動画を見て、「そう!給食はねえ〜
トラットリアとかよりずっと美味しいと思うわー 私も小学校の給食のポル
ペットーネやパスタ・アルフォルノが忘れられない!美味しかったよね〜」 
私も一度試食してみたいプーリアの学校給食、であります。

他にも彼が料理する動画が色々見つかり、見てみると楽しく美味しそうですよ!
ジェイミー・オリヴァー氏のレシピ本も見てみたくなります。

| maki tanaka | 04:06 | comments(10) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 04:06 | - | - |
Comment
給食好きの私としては・・・・プーリアの給食も食べてみた〜い!
日本も自校給食のところは結構がんばっているかも。でも、揚げ物、加工食品を出さないというのは、ぷーリアのほうが徹底していますね。
酸化した油を体に取り込まないこと、私も気をつけることにします。
食器が使い捨てっぽく見えましたが、実際はどうですか?
Posted by: mayumi |at: 2011/10/05 9:03 PM
ジェイミーがシチリアやマレッティモ島(その他のイタリア)なんかに行って普通の料理を大げさに褒めて習ってるDVDも有ります、しかし年をとってしまいましたね。
Posted by: jose |at: 2011/10/06 2:20 AM
mayumiさーん
ちゃんと見てますねー!!
体内環境、家庭内環境には徹底している反面、地球環境には目が向かない?!? ゴミ問題は今の南イタリアの最大の問題です。
Posted by: MAKI |at: 2011/10/06 9:19 PM
joseさ〜ん
私は彼のことを全然知らなかったのですが、彼の若さ、熱さ、タフさが
魅力ですねー。
近隣にかなりの数のイギリス人が住んでいますが、家で料理するよりレストランやトラットリアで食べまくっていますよ。 
安くって美味しいーと、感動してます。
Posted by: MAKI |at: 2011/10/06 9:36 PM
そうですよねイギリス料理の不味さは筆舌に尽くしがたいですから、ロンドンでイタリア人がサンドイッチを一口食べて不味くて目が点に成り上下、左右から長い事眺めていたのを目撃しました、なぜこんな簡単なもので不味く作れるのか不思議だったのでしょう。
ジェイミーも最初はイギリス人でもこんな料理作る人がいるんだと珍しさでテレビ見てました、まあ基本普通のイタリア料理でしたけど。
Posted by: jose |at: 2011/10/07 1:50 AM
ジェイミーのドキュメンタリーは、
wowowでよくやっていました。
今は、オーストラリア出身のビル グレンジャーが東京では大人気です。
江ノ島にお店があり、朝食を食べるのに長蛇の列です。
レシピ本も出てます。

Posted by: ようこ |at: 2011/10/11 5:26 PM
シチリアも含め20回以上訪れた南イタリアでは、どんな片田舎であっても不味いものにあたったことがないのです。料理も素材も、口にしたどれもが美味しかった。特に家庭でマンマが作る料理の美味しさといったら!単にラッキーだったわけではないのですね。このビデオでイタリアの食の底力を再認識しました。
Posted by: Hina |at: 2011/10/12 10:35 PM
joseさん
イギリスの食事が世界的に不評なので私はてっきりイギリス人は食に関してコンプレックスを持っているように思い込んでいました。 ファームハウスのお向かいのイギリス人によると本国以外では美味しいフィッシュ&チップスに出会えることは難しい(南イタリアでもMENUにあったので注文したら散々だったそうな)。特にポテトフライはイギリスの太く切ったものが最高で元祖なのだと熱く語って感心させられましたよ。 それまでは豆の缶詰料理にせよ、食に関心がないのだと思い込んでいました、、、。
Posted by: MAKI |at: 2011/10/17 11:45 PM
ようこさーん
オーストラリア人のシェフですかー。レストランで朝食を食べるのを並んで待つコト、とっても日本らしい現象といいますか、ワクワクしながら携帯メール打ったりして待ってる感覚は私にはとっても懐かしくも思えます。 
Posted by: MAKI |at: 2011/10/17 11:52 PM
Hinaさん!
日本から来にくいディープな南イタリアに20回以上来られてたんですか!? あー びっくりした。 私より南イタリアに詳しいのは間違いないわ〜。 コレだけは言えます。マンマ達の午前中の挨拶「今日の昼ごはんは何料理るの?」午後の挨拶「今日の昼は何食べたの?」 笑
Posted by: MAKI |at: 2011/10/17 11:58 PM








Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Copyright

当ブログ内の写真,文章の無断転載  作品の複製はできません

Search

Entry

Comment

  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    MAKI (06/13)
  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    Kumi (06/01)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    hero (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    risa歯 (04/04)
  • 春のオリーブ農園
    Kumi (02/26)
  • 春のオリーブ農園
    MAKI (02/25)
  • 春のオリーブ農園
    kumi (02/24)
  • 『絶望の美女食』春の一皿チコリエと空豆の茹でたのん
    MAKI (02/21)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode