スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
海辺の海鮮ウニBARは初夏の気配
 JUGEMテーマ:イタリア

本日はイタリアのお雛様、女性のフェスタの日です。
昨晩、娘達は中学の女性の先生方にプレゼントするための
”ミモザとアーモンドの花の小さなブーケ”をたくさん作って今朝、勇んで持って行きました。



先日の美味しかったご報告です。
3月早々、リゾート気分♪  アドリア海のウニBARへ行ってきましたー。
グルメのゲストさんグループをご案内して、、、私も同席させて頂いちゃいました!
あーー 生まれてきて良かったー♪ 

ほら〜見てくださいませっ、まだウニちゃんの針が動いてます。わかんないか
6名で30個のウニはかなり少なめのオーダーなのですが、次から次に
到着する”生海鮮アンティパスティ”に、ウニ追加オーダーも忘れ去られ。。。

ワインを撮るのを忘れました!! ピッチャーのハウスワインなんかじゃなくって
私の眼がギラリと光る高級ボトル、ロゼの発泡ワインから始まって、白2本、
私も大概よく飲みますがー よく飲む・楽しく飲む・美味しく飲む皆さまです。
ご一緒できて幸せだったなあ ♪
ほれっ カキ、ムール貝2種、プリプリNOCE、コリッ・プリッ・イかの
タリアテッレ、スカンピ、赤海老、全て新鮮なのを生で頂きました。
ワインがですねえ〜ぐいぐい行けまして、美味しくて嬉しくて、にやけてくるんです。

横で静かに黙々とチーズ盛り合わせとパンだけを食べるジュセを時々横目で見る。
赤ちゃんタコのフリット。 外はカリッ! 中はジューシー、レモンをたっぷり
絞って頂きます。 これはビール?と一瞬脳裏をかすめる一品。
タコ・アダルトの炭火焼、ここのオーナーのメリーノ氏自ら焼いています。
焼き過ぎず、生過ぎずちょーーど良い。 ジュセの海の幸嫌いのせいも
あり、なかなかこんなご馳走にはありつけないので、心して愛でて頂きます。
この赤いお魚なんでしたっけー このフリット、最高でした。
思い出すだけでウットリ溜め息がでます。 新鮮な素材をシンプルに
熱々をいただくのが最高です。 それも海風がさわやかな磯辺で。
イカ・タコ・海老のフリットミスト。 3本目のワインでまたお口がリフレッシュ!
タコのトマト煮 地中海の煮タコ料理は外れが無いです。 オリーブオイルや
トマトや香辛料などで見事にワインにぴったりな一品になります。

タコのぶつ切りとニンニクとイタパセ、玉葱とジャガイモをコトコトと煮込んだの
とか作りたいなあ〜 食べたいな。とか考えながら大大満足のご馳走ランチ、
ご馳走様でした!
| maki tanaka | 23:33 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:33 | - | - |
Comment
マキちゃん、美味しそうですね。
魚介類が苦手なジュセッペさんも食べたかな。
今度マキちゃんの所に行った時、一緒に食べましょうね。
Posted by: 安兵衛 |at: 2012/03/09 6:39 AM
うーん、どれも美味しそう!! ゴクリ。キリっと冷えた白とたべたあーい。
赤いさかなはtriglia(ひめじ)かしら?
Posted by: yukikina |at: 2012/03/09 8:35 AM
写真だけ見ると、日本の海鮮料理と同じですよね。
たまたま我が家にも昨日、友人からウニなどの海産物を頂いたところでした、これから食べるのが楽しみです。
Posted by: hero |at: 2012/03/09 9:22 AM
どこでもドアーが欲しいっ!! 赤い魚は恐らくTriglia・・・この魚の稚魚のフリット(法律で禁止されているはずです)は至福の美味しさですよね!いいぃなああぁぁぁぁ・・・。
Posted by: Hiro |at: 2012/03/09 2:51 PM
安兵衛さん
はい、ジュセみたいな人のためにこのアルバキアラではチーズやサラミの盛り合わせを用意しています。 Tadashiさん、ワタシと食べると更に美味しく感じますよ〜笑 値切っちゃうし!
Posted by: MAKI |at: 2012/03/12 6:48 AM
yukikinaさん
これらどれも新鮮で美味かったです! ワタシは義父母が生ウニやこういった生海鮮ものを入手して食べよう〜と誘われてもあまり手が伸びません。 家の中で食べるのが何だか悲しくなるのですね。海風が絶対必用なんです。誰も解ってくれません。
Posted by: MAKI |at: 2012/03/12 7:03 AM
heroさん
きっと日本の生海鮮のほうがしめ方も優れているし上だと思います。 ウニ、美味しいパンにつけて、白ワインと一緒に召し上がってみてください。お醤油・わさび無しで。
レモンとオリーブオイル、イタリアンパセリ、キーーンと冷えた白ワインの世界。 素材の味が際立ちます。
Posted by: MAKI |at: 2012/03/12 7:09 AM
Hiroさん
Trigliaの熱々揚げたて、心して頂きましたがご禁制でしたか。。。 DATTERO DI MAREもご禁制と聞きながらペスケリアで売っているのを見たり、でもまだ食べれていないんです。 う〜ん。。。
Posted by: MAKI |at: 2012/03/12 7:20 AM








Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Copyright

当ブログ内の写真,文章の無断転載  作品の複製はできません

Search

Entry

Comment

  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    MAKI (06/13)
  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    Kumi (06/01)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    hero (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    risa歯 (04/04)
  • 春のオリーブ農園
    Kumi (02/26)
  • 春のオリーブ農園
    MAKI (02/25)
  • 春のオリーブ農園
    kumi (02/24)
  • 『絶望の美女食』春の一皿チコリエと空豆の茹でたのん
    MAKI (02/21)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode