Page: 2/5  << >>
プーリア(LECCE)のコーヒー会社”Quarta”のはスゴイ!
JUGEMテーマ:イタリア

大豆を買いにいかなきゃ〜と思ってる間に節分も過ぎてしまった我が家です。
福は内〜したかったなあ〜 巻寿司作って丸かぶり、、、日本の風習は
懐かしいです。

さて、昨年長女エンリカが学校から見学に行ったのが、LECCEにある
CAFE・QUARTAの工場。 たいそう面白かったようですよ〜 お土産も
たんまり貰って来てビックリでした!! このカフェの粉250g入りの
特製缶1個とコーヒー豆の麻袋、これを行った生徒達全員がもらったの?
太っ腹〜!! 

このカフェ缶、最高にいいんです。
蓋の部分に細工がしてあって....
カフェティエラの粉を入れるカップに直接、逆さに置いて、白いハンドルを
クルリと1回転させると...

ほ〜ら、カフェの粉をこんな風にバッチリ適量を最適な形でセットできます。
無茶苦茶簡単です!! 実は私はこのカフェの粉を盛る作業が苦手でした。
詰め過ぎて失敗したり、粉を撒き散らしてしまったり。
もう手放せません〜 この容器をずーーっと使い続けます!!
中の粉は詰め替え出来るのでは時々KINBO、LAVAZZAと浮気します。
QUARTA・CAFEさん、ごめんなさいー。

250g入りのこのQUARTA・Cafe特製缶、こうやって使っているともう
スプーンで盛り上げたり出来なくなってしまいました。
そして色んな会社のカフェの粉を試してみてやっぱりQUARTA・カフェ以上に
美味しい粉はないという結論に達しました。
私が好きなのはミドルクラスの赤い袋の味が好きですー♪
| maki tanaka | 20:05 | comments(2) | - |
プーリアの人気スナック”TARALLI(タラッリ)”ガリッと美味しいコン・ズッケロ
JUGEMテーマ:スイーツ

プーリアの人気スナック、TARALLI(タラッリ)の砂糖がけ!
オーヴンで焼く前にパットにしいたグラニュー糖に軽く押し付けるように
するだけで別物になります。 甘いものが苦手な方も「うわ〜後引きますね!」
作る本人(私)は甘いものも袋菓子もスナック類も好きでなくて市販の
タラッリも食べません。 でも作ったのは美味しいのですぐ無くなります。
手作りすると本当に美味しいのができますねー。

娘達、その従兄弟達が居るときは大量に作るか、隠すか、笑 しないと
瞬間に消失。。。最初は笑って「そんなに美味しい〜♪」とかいってられますが
え? ええっ? 「こらーー!ひとつ残らず食べる気かー!!」 まったく

↓ 丁寧にお砂糖をつけた可愛いオーブンに入る前のタラッリ ♪

最上級に焼くコツはE.V.O.OIL+白ワインの割合、焼き時間と温度
そしてしっかり塩を利かせること! 当たり前のことですけど、私は毎回
作るとき密かに微妙に%を変えてみてレシピを修正しています。
いつも美味しいのですが、まだ最上級レシピは完成していません。 

形は”輪っか”に拘りません。
プレッツェル型、三つ編み、ラブラブな方はハート型に。
ヴァレンタインデーには”ハート型のタラッリ”男性受け間違いないでしょう!
イタリア人男性はほとんど全員これが大好きです!
| maki tanaka | 11:04 | comments(14) | - |
古い機械のクイズに答えてMedaglia(メダリア)を当てよう
JUGEMテーマ:プレゼントキャンペーン・懸賞企画

今回のクイズ、めでたく正解がでました!
100年前のシュレッダーでした。
Sanaeさん、ささやかな賞品ですがお送りさせていただきます。
おめでとうございました。
チャレンジしてくださった皆様、また面白いモノを見つけたら
第2弾の懸賞クイズをだしますのでチャレンジしてください♪
賞品も魅力的なモノを用意します。

前記事のクイズ、賞品をつけます。
黄金色に輝くMEDAGLIA(メダリア)メダリーニとも呼ばれるお守りです。
日本では”メダイ”の名称で通っているようで、こちらでは十字架よりも毎日の
生活に馴染んでいます。

このメダリア、主人のシャツやジーンズ、パンツまで見事に縫い付け
られてありました。
おっと。。。夫だけじゃなくお姉さん達の服にも縫い込まれていますよ〜。
義母の子供達を想う気持ち、素晴らしいです。

このメダリアを一番最初に正解コメントくださった方にプレゼントします。
小さなメダリアが大きな幸福を運ぶかもしれません。

お名前のご記入を忘れずに!! イタリアから郵送しますのでね〜。
ふるってご応募くださいませ。


写真は前面

カトリック教徒でなくても身に着けていると何となく守られているような
気がします。 
癒されます。 
知らない間に救われるとしたら奇跡ですよね。
medaglia miracolosa”奇跡のメダイ”と呼ばれるのもあるようです。

写真は裏面


光り過ぎてデザインがよく見えないかも知れません。

下の写真をご参考に。
| maki tanaka | 18:18 | comments(18) | - |
マテーラのBAR ”KEIVE Cafe”
JUGEMテーマ:イタリア

マテーラのサッシ・エリア、洞窟教会と大聖堂の中間角にあるBAR、
”ケイヴ・カフェ” MATERAを訪れる日には毎回お世話になってます。
飲み物だけじゃなくて軽食もいただけます。
たとえお天気のいい日でもピクニック気分でパニーノを食べるのに向いてない
この地ではアリガタイ存在!

内装はサッシの岩壁とモダンなインテリアが素敵。
プラ・暖簾の隙間からは大聖堂が見えます。

マテーラ・SASSIではおトイレ探しが大変な大問題。。。
こちらのおトイレは男性用・女性用分かれていて清潔、大感謝です!
飲み物を注文しない時はキャンディー・ガムを購入。
咽喉の乾燥予防に役立ちますしね〜。

このBARに展示されてるアートは樹脂アート。
どうやって作ってるのか考えながら見てるだけでなかなか楽しいです。

メインのでっかい丸いミラーは直径3m近くある作品、圧倒されます。

近づいてアップで見るとこれまた面白い! フォークやナイフ、ビンの蓋、
オハジキ様のもの、ありとあらゆるものがゼリー寄せみたいに樹脂で固め
られています。作ってるところ見学したいなあ。

ジュセッペお気に入りのスペシャル・コーヒー。 『アイス・カプチーノ? 
ギネスビールみたい。』 マテーラのオアシスであります〜♪
 
| maki tanaka | 16:46 | comments(2) | - |
最高のトマト缶〜♪
JUGEMテーマ:グルメ

トマトの旬は夏、我が家では農園の畑から収穫した自家製トマトでごく
最近までサラダ用からソース用まで使ってました。
そろそろ買わなきゃいけなくなりました。
八百屋・スーパーでは冬でも真っ赤なトマトを売ってますが、シチリア産
などのハウス栽培でやっぱり夏の地トマトと比べ物になりません。
調理用トマトは上質のトマト缶に限ります。
このトマト缶は”RUGGIERO”というメーカーのもの、南に2つ目の隣町
MESAGNEに会社があります。
近所の会社の地トマト缶、それも高価なチェリートマトを使ってます。

ほーらねえ。。。旬のトマトで作った美味しいトマトソースに仕上がりますよ。
フォカッチャ等、お料理には生トマトと同じように使えます。 便利
他のメーカーよりお値段は高いですがシェフもPIZZA職人もみーんな
ここのがOTTIMO!絶賛です。
 
| maki tanaka | 20:44 | comments(6) | - |
ポケット・エスプレッソ
JUGEMテーマ:イタリア
夫ジュセッペの愛飲カフェ、ポケット・エスプレッソです。
製造メーカーはFERRERO、コーヒー関連では”カフェリキッド”が入った
チョコレートが定番商品でしたが、この新製品はチョコレートが入った
エスプレッソコーヒー。
ジュセは早朝からファームハウスで仕事。 毎朝濃いエスプレッソをきゅっと
飲んで出掛けます。 私が用意できない時はコレのお世話になります。
時間がないときはありがたい!! 美味しいのでお友達へのお土産にも
ピッタリですよ〜。 美味しくて、小さくて、軽くて、安くて(3個入り1,5euro)
眠気覚ましに役立つ!! しっかりイタリアの空気を持ってるし。

ちゃんと1個に1本ストロー付です。

ポスッと刺してチュー。。。ランチを食べた後、お口も気分もシャキッ!

| maki tanaka | 00:01 | comments(10) | - |
美味しいE.V.オリーブオイルのお土産
JUGEMテーマ:グルメ
このE.V.O.OIL D.O.P.はオストゥーニのフラントイオ(圧搾所)
ゲストさん達と訪れた際、買った250ccの小瓶です。 普段はピエトロ義父さん
の手作りエクストラヴァージンオイルがあるので滅多に買わないのですが、
今年のこのフラントイオのオイルは出来が良く、味見をして「おおっ!」買いました。
甘味が強くまろやかでコクがあるタイプです。 1本 3euro位でした。
美味しいからすぐ無くなってしまいましたよ〜。
我が町カロヴィーニョも隣町オストゥーニも石を投げたらフラントイオに当たる!と
言えるほど多くのオリーブ圧搾所がありますが、必ず味見をしてから買いましょう。
このフラントイオはOSTUNI旧市街から徒歩でも行ける位置にあります。
11月〜2月はオリーブオイルの出来上がる様子が見学できます。

| maki tanaka | 00:00 | comments(2) | - |
プーリアのスナック”タラッリ”お勧めの大袋
粉物が続きます。。。
ワインやビールのおつまみに、子供のおやつに、みんな大好きな”タラッリ”
イタリア小麦粉00、白ワイン、E.V.O.OIL、塩、混ぜ物なしのシンプルな美味しさ。
いつもこのMADE IN アルベロベッロでトゥルッリのイラスト入りの大袋を買います。
買う店はなぜかアルベロベッロの隣町ロコロトンドのミニスーパー。
理由はいつも混んでいて商品の回転が速く、古い湿気たタラッリを買ってしまう
心配がないから、です。 このミニスーパーで作ってもらうパニーノがまた
特に美味く、私達夫婦のお気に入りなのです〜。
さて、この大袋、500g入り 2,1euro。

50g入りの小袋が10袋入っているんです。
鮮度を保つために、と書いてますが職場などへのお土産にもピッタリ!

こちらx10袋ね!
ポリポリと後引く美味しさです。大好きな方は自分で作っちゃいますよ〜♪
お粉・白ワイン・オリーブオイル・塩だけでできるんですもんね!
(つい酒好きで)白ワイン入れ過ぎた仕上がりも美味しいんですよ。
プチトマトの半切りを乗せてE.V.O.OILチョロリ〜で食べても素敵な
アンティパストになります。お勧めー♪
JUGEMテーマ:旅行


| maki tanaka | 00:00 | comments(3) | - |
食後酒の世界”リクリッツィア”のリキュールお気に入りです
イタリアでは食後、甘いものを摂ります。トルタ等お菓子類を食べない
人は食後酒を飲む方が多いです。 アマーロ、リモンチェッロ、色々あって
どれが好きかな〜って飲み比べるのも楽しい! でもアルコール度高いですので
ご注意! 大人の甘さ、ちょっぴりほろ苦い食後酒の効能は”あとくち”が良くなり、
消化を助けるのですね〜いいこと尽くめ。
ウチでいつも揃っているアマーロ系をご紹介します。 義母の手製リモンチェッロ
があるときはそれも飲んでみてください! 甘さ控えめでキュッとキツイ!
写真左:黒いリクリッツィア、イタリア人大好きな味で癖になります。
写真右:プーリアの葡萄プリミティーヴォ種のワインのリキュール、ワインのほうがいい。
このシリーズの他には唐辛子のリキュールも極上の美味さ、義母の宝物になってます。

写真左:チョコレートのリキュール、ドロリとして甘いチョコレート、後でカーッと 笑
写真右:アーモンドのリキュール”デサロンノ”カフェに少量たらしてデザートカフェに。

写真左:サルデーニャのミルト酒、パンチのある味大好きです。
写真中:フィノッキオのリキュール、フィノッキオ(ウイキョウ)は胃薬でも
あるので食後酒にはピッタリ! 個性的な香りは癖になりますよ。
写真右:ハーブのブルーノ先生の手作りアマーロ、ファタ・ネーラ(黒い妖精)
こちらは辛口で薬効を期待できるお味です 笑、ファン多し。

リクリッツィアのリキュールのボトルUP、ロゾーリオ ディ リクリッツィアと
あり、ロゾーリオの和訳を調べましたら ロゾーリオと。。。リキュールとは違うようですね。 
このロゾーリオを作っているのはポリニャーノアマーレにある
ROSOLI DI PUGLIA”という会社です 見に行ってみたいなあ〜。
リクリッツィアといえば黒いキャンディでお馴染み、エピファニアの魔女ベファナが
悪い子供達に配る炭(いい子にはチョコやキャンディー)はこのリクリッツィアの
キャンディなのです。ただ安物のリクリッツィアは美味しくないものが多いので
私も以前「うへー」でした。いつから好きになったんだろう〜 最初は毛嫌いして
いた奴を気がついたら好きになってしまってた恋愛感情にも似てキュンとするんです。

お味の素はこの根っこ。 ネットで見つけた写真です。
巻き付けた紐や周りの黒いものはリクリッツィアのキャンディですよ〜。
今、娘達が後ろからこの写真を見て「美味しそうー」って言ってます 笑

これもネットで見つけたリクリッツィアのキャンディ写真、夜店の屋台等でも売って
います。よく見るとこの写真は作り物のアクセサリーのようですね 
もっとよく見ると、このお皿は直径約1cmのミニチュアと判明しました 笑
リンクさせてもらったこのBLOG、粘土で作ったミニチュアお菓子のアクセサリーの
BLOGのようです、美味しそうで可愛いー♪♪
JUGEMテーマ:グルメ


| maki tanaka | 22:19 | comments(10) | - |
DIVELLA(ディヴェッラ)の新ブランド”アル・ブロンゾ”
最近あまり買わなくたっていたDIVELLAのパスタ、安いですが、
のび易いので食べるタイミングが難しいのです。
そのDIVELLAが新ブランド商品を発売しました。
この新商品”AL BRONZO アル・ブロンゾ”は美味しいです!!
お値段は従来品の倍近くしますが、500g袋で1euro程度、最近は乾麺は
このブロンゾ1本浮気なし。アクシデント等で少々茹で過ぎても柔らかめなりに
美味しいのです、可愛い奴です♪ アルデンテよりキチンと茹でたほうが
旨いのは粉の味が強く感じれるのと日本の高級乾麺饂飩などと共通する
シコシコ感が最高だからです。 日本でもネット販売などで買えるみたいですね。

特にお気に入りは左の”スクアドレッティ”太めで角のある麺でモッチリ・シコシコと
粉の味を楽しめ、生麺・手打ちスパゲッティの味わい プラス喉越しもよく最高です。
普通のトマトソースとからめるだけでウマウマです。 お試しくださいね。

JUGEMテーマ:グルメ


| maki tanaka | 23:48 | comments(2) | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Copyright

当ブログ内の写真,文章の無断転載  作品の複製はできません

Search

Entry

Comment

  • イタリア〜コロナ問題でご心配くださっている皆様
    maki tanaka (03/25)
  • イタリア〜コロナ問題でご心配くださっている皆様
    hero (03/24)
  • 2020年あけましておめでとうございます!!
    maki tanaka (01/04)
  • 今日も”ベジタリアン・リピエーネ”
    maki tanaka (01/04)
  • 2020年あけましておめでとうございます!!
    hero (01/03)
  • 今日も”ベジタリアン・リピエーネ”
    hero (02/10)
  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    MAKI (06/13)
  • 7月・8月夏のガリーナロッサ滞在のご提案
    Kumi (06/01)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)
  • 私が住んでるところはプーリアじゃなくてーカラブリアだった!!
    MAKI (04/05)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode